携帯キャリア【楽天モバイル】の料金プランは、大手3キャリアの半額以下か

2020年4月から携帯キャリア事業を正式にスタートさせる楽天モバイルの料金が、日経新聞からリークされました。

明日3/3(火)15時から、楽天モバイルは、料金発表の記者会見をすると公言していますが、

楽天モバイル プレスカンファレンスLIVE配信のお知らせ | お知らせ | 楽天モバイル

先んじて、日経新聞から飛ばし記事が出た模様です。記事の中では、月額2,980円という数字が出ています。税込にすると、3,278円となり、私が個人的に競合サービスとみなしているFUJIWifi200GBプランと同等の水準となります。

楽天の携帯、大容量で月2980円 大手3社の半額以下に
楽天は4月から本格参入する携帯電話の料金について、大容量のデータ通信で月額料金が2980円のプランを主力にする方針を固めた。NTTドコモなど大手3社の現行料金の半額以下を目指す。当面は先行投資で携帯電話事業は赤字の見通しだが、低価格を打ち出し大手から顧客を奪う狙いだ。大手も対抗策に出るとみられ、通信料金の値下げ競争を促...

現在、3キャリアの料金プランは、

  • NTTドコモ 6,980円(60GB増量中)
  • ソフトバンク 月額7,480円(50GB)
  • KDDI 7,480円(制限なし)

というプランになっており、楽天モバイルの三木谷CEOが、「シンプルなプランにする」と公言していることを踏まえると、電話料金込みで2,980円だと推測されます。

私も既に参加している無料サポータープログラムで、楽天Linkから実質無料で通話が可能になっており、恐らく、この仕組みを使えば、通話無制限、という形になるのではないでしょうか。

主要都市圏以外では、KDDIのローミングを利用しているため、基地局が増えるまでは、加入者を制限するのかどうかも含めて、明日の発表が注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました