大学の図書館は卒業生こそフル活用すべし

勉強

最強の公共施設は、母校の図書館である

私が、都内で勉強する場所を確保するにあたって、最も活用している施設があります。


それは、自分が卒業した大学の図書館です。

もし大学を卒業された方は、基本的には皆さん1校ずつ、母校が存在するはずなので、
その母校の図書館が、まさにそういった図書館に該当することになります。

外からしか写真撮影出来ないので、雰囲気を・・・

赤絨毯が重々しい雰囲気を出しています

ここでは、東京大学を例にして、大学図書館の使い方について、説明してみたいと思います。

東京大学の場合

  • 使用料 学部、または大学院の卒業生は永年無料
  • 蔵書の閲覧 可
  • 蔵書の貸し出し 不可

東京大学には、都内に大きく2つのキャンパスがあります。
多くの方がイメージされるのは、「赤門」で有名な本郷キャンパスではないでしょうか。

東京大学赤門

赤門で有名な東京大学には、

  • 総合図書館(本郷キャンパス)
  • 駒場図書館(駒場キャンパス)

という主要な図書館と、柏の方に、柏図書館(柏キャンパス)があります。

東京大学には本郷キャンパスに総合図書館、駒場キャンパスに駒場図書館、柏キャンパスに柏図書館があります。各学部や研究所等にも27の部局図書館・室があり、これを総称して東京大学附属図書館と呼んでいます。

https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja

多くの東大生であれば、1年生から駒場、2年生の後半からは本郷に通われていると思うので、比較的、上記2つの図書館には馴染みがあるのでは、と思います。

東京大学総合図書館

なお、実は私が好きなのは、「医学図書館」です。
本郷にあるのですが、多くは医学部医学科、医学部看護学科の学生、もしくは職員の方が使われており、多くの日で、8時半~20時まで開館しているのですが、場所が分かりづらいからか、穴場なのか、空いていることが多くて、勉強が捗ります。(日曜は閉館です)

私は、仕事終わりの平日に立ち寄れたときには、夕方は医学図書館で、その後は、総合図書館に移動して、今進めている勉強をすることが多いです。

都内の、某有料の図書館も長らく契約していたのですが、こうして大学の図書館の有意義さを見つけてからは、あまり使うことが無くなったので、解約することになりました。

ちなみに、本郷にある総合図書館の館内には、2Fに新聞コーナーがあるので、日経新聞等の朝刊・夕刊も読めますし、コカ・コーラの自動販売機もあります。

決して、国立大学だから、という訳ではないのですが、日頃からしっかりと税金は納めているので、こういった価値ある公共サービスは、是非使い倒したいところですよね。聞いた話によると、私立大学も同様の図書館を完備しているようです。今度、記事にします。

卒業する前にやっておこう

少なくとも、いま東京大学に所属されている学生の方は、卒業する時に、一度「卒業生入館証」を発行されることをおススメします。

■東京大学附属図書館入館証について
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/contact/alumni

学部・研究科の事務局に「卒業証明書」をもらいにいけば、卒業後であっても、入館証を作ることは可能です。卒業してからも、大学の環境を使い倒しましょう。(あくまで、最も勉強に意欲があるであろう現役生に配慮の上で、ですが・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました