自宅のWiFi環境を整えたい

私は、今年の2月頃までFUJIWifiのSIMカードをレンタルしていました。

当時はまだコロナが流行っておらず、自分で使う分には、楽天モバイルの無料プラン(当時はKDDI回線が100GBまで使い放題だったため)のテザリングを利用すれば、ほとんど不便が無かったので、レンタルをやめた記憶があります。

なるべく複数年契約をせず、レンタルを安く行う。これが、長期契約が嫌いな私の戦略で、特にFUJIWifiはいつ解約してもOKなプランだったので、2-3年ほど契約していました。本当にお世話になりました。

しかし、3月以降テレワークが普及するにつれて、自宅にWiFi環境がなく、困ることが増えてきました。

例えば、

  • Hueの電球を音声で付けられない
  • Google Nest Hubの特徴を生かし切れていない
  • WiFi接続の体重計が自動でシンクしない

など、スマートホーム系のデバイスの活躍の幅が下がっているように感じています。

いま住んでいるところは、マンションタイプの光回線もある物件ではあるのですが、どうもマンション系の回線は遅いと聞くのと、ルーターのメンテナンス等が必要なため、面倒な印象があります。

携帯のネットワークなら、家庭内の物理的な回線はなく、基地局とルーターしか存在しませんからね。管理上、とてもシンプルです。

楽天モバイルも電波を強くしているのか、4月頃の自社回線と比べると、自宅ではかなり電波は掴むようになってきているのですが、Teams、Zoomといったテレカンをしていると、たまに切断されてしまう時があります。

YouTubeなどのストリーミングは問題なくて気に入っているのですが、同時にやり取りする必要があるツールでは、少しの遅延がものすごいストレスに感じてしまいます。

これは、プラチナバンドを総務省が割り当てていないので、もはや楽天の自助努力では限界がある話です。

プラチナバンドが欲しい楽天モバイル
プラチナバンドが欲しい、というのが、楽天モバイルの率直な声ではないでしょうか。総務省が、東名阪以外の1.7GHz帯を5Gの追加周波数として割り当てる計画を発表しました。希望してきた1社に対して、総務省が審査し、判断する模様...

このように、自宅のWiFi環境を、値段を安く保ちつつ、どういう構成にすればいいのかは、明確な解がある訳ではなく、試行錯誤の連続なのです。

もし、無限にお金があれば、一番早い光回線を自宅専用に特別に引けばいいのですが、あいにくそのような余力はないのと、そういう費用があれば、インデックス株に投資したい、と思う人なので、折り合いをつけるのがなかなか難しいのです。

自宅の通信環境は、通信という分野が日進月歩につき、終わることないテーマです。

ちょうど本日、NTTドコモから、ahamo(アハモ)という「新プラン」が登場しました。あくまで、サブブランドではなく、ドコモ本体のプランとしての登場です。

ドコモ新プラン「ahamo」発表 狙いは20代
NTTドコモは3日、20ギガ(ギガは10億)バイトのデータ容量で月2980円(税抜き)の新プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月から提供すると発表した。次世代通信規格「5G」にも対応する。菅義偉政権の値下げ要求に応じる形で、大手3社では最安値の水準を示した。ドコモの新プラン「アハモ」は、1回につき5分までの通話...

ドコモのことなので、契約し終わるまでは安心ではないのですが、20ギガで2,980円、5分の無料通話付き、とかなりリーズナブルなプランを出してきた、そういう印象があります。

まさに楽天モバイルの2,980円を潰しに来た、まずそのように思いました。ドコモの強い電波で20ギガというのは魅力に感じる層も多いのではないでしょうか。

しかし、私のお目当てのギガホの料金改定は、12月中になりそう、と言うに留まっており、ドコモの社内でも、折り合いがついていない印象を強く受けました。

私の考える理想は、楽天モバイルが値下げ、もしくは無料期間を延長し、1,980円くらいの金額感になる。

  1. 自宅WiFiでは楽天モバイル回線を安くフル活用
  2. 5G通信やテレカンについてはNTTドコモ回線に都度繋いで遅延を回避する

問題はこの料金なのですが、現時点では楽天モバイルは無料なので、(1)は無料、(2)はギガホ自体の基本料金が7,650円に他の料金がかかるので、理想を言えば、(2)が5,000円前後になり使い放題、かつ、音声通話も5分無料、という料金だと、布陣を新しく整えよう、と思います。

楽天には頑張って欲しいのですが、かなり競争が激しくなっているので、今後も自宅の通信費とWiFi環境の最適化に向けて、リサーチを続けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました