楽天モバイルの5Gエリアマップが遂に追加

楽天モバイル

本日(4月21日)、Rakuten BIG s(楽天ビッグエス)の新機種発売に合わせた形で、楽天モバイルより、5Gのエリアマップが公開されました。

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

感想としては、まだまだ無茶苦茶狭くて、ほぼ「点」となっています。特に「ミリ波」のエリアは、文字通りに点です。

他社も最初はこれくらいの状態から始まったので、楽天が著しく遅れている訳でもないのですが、2021年春時点で、このエリアマップを見ていると、残念ながら、日本で5Gが普及するのは、まだまだ先のことだと思わざるを得ません。

同時に、リスト化された5Gサービス拡大予定エリアも公表されていますが、まだまだピンポイントです。

もし本格的な5Gを体験したい方は、比較的エリアが広いNTTドコモの5Gギガホ契約をされることをお薦めします。

楽天モバイルの場合は、優先度としてまず4Gのエリア拡大中なので、5Gのエリア整備は、先のことになるでしょう。

楽天に関しての気になるニュースとしては、日米が監視していくと表明したことです。

米国は、5Gにおいて米国、ヨーロッパ、日本といった信頼できる通信会社を「クリーンネットワーク」と公表しています。楽天が今後、テンセントの増資の件で、そこから外されるのか、といった点が気になります。

そして、Rakuten BIGの製造元は、エンティティリストに入っているZTEなので、米中覇権戦争に巻き込まれる形での楽天の立ち位置も、今後気になる話題ではあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました