モバイルバッテリーはどうやって処分するのか?(Ankerでの廃棄実例)

雑記

モバイルバッテリーってコンビニでも売っていますし、気軽に買うことが出来ます。しかし、いざ処分するとなると、かなり困ったので、ウェブ上に残しておきたいと思います。

乾電池とは異なり、自治体は基本的には回収してくれないのと、JBRCという団体に加入しているメーカーのものならば、家電量販店で回収してもらえます。

まずは、自分が購入したモバイルバッテリーが、JBRCのものかを確認しましょう。

それ以外の場合は、処分の仕様が見当たらないのですが、定番中の定番であるAnkerの場合ですと、自前で不要になったモバイルバッテリーの回収を行ってくれます。

私も、実際に、2020年7月に体験しました。

リサイクル
アンカー・ジャパン株式会社では、ご使用済みのモバイルバッテリーの回収を行っております。 ご希望のお客様は下記手順に沿ってお申し込みください。 STEP1:モバイルバッテリー回収の申し込みをする 受付窓口は、アンカー・ジャパン カスタマーサポートです。 問い合わせフォームよりお申込みください。 STEP2:「専用の回収用...

こちらの公式ページに、「お問い合わせフォーム」があります。問い合わせに、「モバイルバッテリーを回収して欲しい」という旨を記載して、送信すると、追って、メールボックスに、「郵便番号・住所」等を送りなおして欲しい、というメールが届きます。

そちらのメールに返信すると、数日後(私の場合は3日後でした)に、自宅に、日本郵便のレターパックライトが、封筒の中に入って届きます。

そちらにモバイルバッテリーを同封して、ポストに投函するだけで、完了です。

家電量販店や、区民センターといった場所に行く必要もないので、便利なサービスです。Ankerさんの製品は安心して購入できると、今回思った次第です。ご担当者の方、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました