Apple Cardはなぜチタン製を採用したのか

Apple-Card 未分類

2019年8月20日に、米国で一般の方への提供が開始された「Apple Card(アップルカード)」。このApple Cardとは、米Appleが、大手金融機関であるゴールドマン・サックスと共同で発行しているクレジットカードのことです。

Apple Card
Apple Card. Security, privacy, and cash back with every purchase. A simpler, smarter credit card.

公式ホームページで、Appleは、これは銀行が発行したカードではなく、我々が再発明した新しいクレジットカードだ、と語っています。

既に米国では消費者に流通していることもあり、Apple Cardの機能やソフトウェアは、公式サイトやYouTubeに数多くの動画が掲載されているので、そちらをご覧いただきたいと思います。今回は、なぜプラスチックではなく、チタンに拘ったのか、について、自分なりに考えてみました。

このカードの材質はチタン製なのですが、日本で発行されているカードでは、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カードや、プラチナ・カード、もしくは、ラグジュアリーカードしか金属製が提供してされていないのです。Appleが、なぜ金属製のカードを提供したか、その理由を推測してみました。

考えられる理由

  1. 物理カードの摩耗に耐えられる
  2. 優れたデザインで発行できる

物理カードがチタンであれば取り替える必要がゼロ

従来のカード会社が採用するプラスチック製のカードと比較して、チタン製はコストがかかると思われます。本当にコストが安ければ、すべてのカード会社が採用していると思いますが、上位2社、特に富裕層向けカードを担う会社しか採用していないため、恐らくコストがかかると予想できます。

しかし、プラスチックカードである場合、次の難点がどうしてもつきまといます。

  • 数年の利用で券面が汚れたり、摩耗して削れる
  • プラスチック故に、曲がってしまう可能性が高い

従って、どうしても数年で取り換える必要がでてしまう。

Appleは、このApple Cardでカード番号を具体的に記述することをやめました。カードの券面にあるのは、たったの「個人名」だけです。カード番号の確認などは、個人のiPhone経由で確認することができます。

Apple Cardの場合、ソフトウェアでカード番号を管理・発行できるため、券面には個人名だけで済み、カードを定期的に交換する必要もありません。カード会社のコストになり得る、物理カードの手間を、こうやって乗り越えるには、むしろ金属製のカードしか手段がなかったのだと思われます。

ちょうど、私も、5年使ったクレジットカードの交換の時期で、旧カードを裁断したのですが、こういう無駄なストレスを回避することが出来ます。なぜカード番号が変わらないのにカードを交換しているのか・・・。この点、さすが、世界屈指のテクノロジー企業Appleだと感心しました。

優れたデザインで発行できる

カッコいいから。ファッション面での理由も多分にあると思いますし、消費者への訴求はデザイン性がメインになると思います。

私もまだ現物を見たことはないのですが、AppleはパーソナルコンピュータのMac製品の加工を長年実施しており、アルミの大量加工も既に実現しています。金属加工技術については、かなりの知見があるのではないでしょうか。質感含めて、個人の所有欲を満たしてくれるカードなのだろうと想像しています。米国Appleに勤めている友人、もしくは米国在住のユーザの知人が帰国した際にでも、是非とも、見せてもらおうかと思います。

日本で発行するにあたってのポイント

米国では、ゴールドマン・サックスが金融システムを提供していましたが、日本ではどの企業がサービスを提供するのでしょうか。金融庁と、アップル双方の高い基準を満たすとなると、日本では、既存のビジネス提供者になるのでしょうか。

自社で、Apple製品を扱える訳ですから、多少不利な契約であっても、喉から手が出るほど欲しい製品であるのは間違いないと思います。問題は、既存のカードとの競合がどの程度起こるか、といったところでしょうか。iPhoneを独占契約してきた、ソフトバンクが導入したら興味深いですね。

ゴールドマン・サックスは超富裕層に注力するようなので、可能性は低いと読んでいます。

超富裕層マネー、争奪激化 ゴールドマンが日本参入
富裕層マネーの争奪戦が激化している。米ゴールドマン・サックスは日本で富裕層向け資産運用ビジネスへの参入を決めた。対象顧客は100億円以上の資産を持つような「超」富裕層だ。同ビジネスは金融業界に残された数少ない成長分野。株式売買といった金融取り次ぎ分野が手数料圧縮の逆風にさらされる中、大手同士の競争が激しくなっている。ゴ...

今後、特に、人生で初めてクレジットカードを持つという20歳前後の若者にとって、Apple Cardが魅力的なカードになることが予想され、これこそが普通のクレジットカードだ、従来のカードはレガシーだ、という風潮になる可能性すら大いにあるかと考えています。

券売機等に入れることもあるため、どこまで汎用性が高いカードになるかは未知数な部分もありますが、日本の文化を考えると、iPod、iPhoneのようにカードへのデコレーションがブームになることすらあり得ると思います。

当然、Appleは中期的には物理カードすら無くなる世界を想定してそうですね。私も、日本でカードが発行された際には、すぐに申込をする予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました