iOS14の一番の進歩はデフォルトアプリの変更【予想】

私は、2009年のiPhone3GSからのiPhoneユーザで、もうかれこれ10年以上、iPhoneを生活の一部として使っています。

会社支給のAndroid機もありますが、プライベートは100%iPhoneと共に過ごしています。

2020年2月現在のiPhoneは、iOS13を採用していますが、例年9月にリリースされる次期OSであるiOS14で、ついに大きな進歩がありそうだというリークが出ました。

Apple Weighs Letting Users Switch Default iPhone Apps to Rivals
Apple Inc. is considering giving rival apps more prominence on iPhones and iPads and opening its HomePod speaker to third-party music services after criticism t...

アメリカの大手メディアBloombergによると、AppleはiPhoneの標準アプリを、自社アプリ以外にも設定できるようになりそうだ、とのことです。

標準アプリとは、iPhoneを買ったときから入っているアプリで、具体的には、ウェブブラウザ、メール、Appleのマップ、メモ帳、といった機能が該当します。

標準アプリ

WindowsやAndroid、そしてMacまで、標準(デフォルト)アプリを変更することは可能です。

iOS13でも、Chromeなどをインストールすることは可能ですが、URLをリンクすると、基本的にはSafariで開くように設計されています。

今や、Chromeの世界的なシェアは50~60%にも及ぶと言われており(国内、海外でシェアが異なるため、幅をもった表記にしています)、何かとChrome内でシンクさせた方が事実ではあります。

ちなみに、筆者はiPhoneでは、国産ブラウザのSmoozを利用しています。大画面iPhoneに相応しい使い勝手で、高く評価しています。

恐らく、変更になる可能性がある標準アプリは、

  • ブラウザ
  • メール
  • 地図
  • カレンダー
  • カメラ

この中では、カメラが一番可能性が低そうですが、期待だけはしてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました