iPhone12には充電アダプターが同梱されない可能性が

また9月が近づいてきました。

そう、iPhoneの新製品が発売されるタイミングです。

今年は、新型コロナの影響で、製造工程が遅れるという噂も出ていましたが、徐々に遅れを取り戻し、今年も9月発表、9月下旬の発売が見込まれています。米国の年末商戦に間に合わせることは、アップルの販売上、重要な位置を占めるのでしょう。

どうやら、MacRumorsによると、そのiPhone12には、充電ケーブルが同梱されない噂があるようです。

Barclays on iPhone 12 Lineup: No EarPods in Box and Possibly Not Even a Charger
Apple is widely expected to release four new iPhone 12 models later this year, and ahead of time, analysts at British bank Barclays have outlined...

この記事によると、投資銀行Barclaysのアナリストが、有線イヤホンのEarPodsに加えて、充電アダプターも同梱されない可能性があるようです。

今まで、最新のiPhone11の同梱物には、

  • EarPods
  • USB-Lightningケーブル
  • 充電アダプター

の3種のみでしたが、このうち2つを取り払おう、という動きのようです。

個人的には、iPhoneの予想を考えても、結局9月にはわかるので、答え合わせが分かりやすく、ほどほどに見ているのですが、今回の判断は、大いにあり得ると思っています。

まず、AppleがEarPodsを省くというのはあり得ると思っていて、Appleがいま一番気にしているのが、iOSのアクティブ率だとすると、iPhoneを使わせるには、連携がシームレスにできる、「AirPods」「AppleWatch」を何としてでも使わせたい、と思うはずです。

私も、AirPods、AirPods Pro、AppleWatchと購入していますが、これらを持っている限り、なかなかスマートフォンをAndroidに替えたいとは思わないものです。

正直、機能面ではAndroidが優位に思うことが多くなりました。そして、Appleは対抗軸として、プライバシーを推し進めています。正直、プライバシーだけでは、iPhoneを使い続ける理由にはなり続けませんが、このAirPods等との連携力、これは大いに理由になります。

EarPodsが同梱されず、もし廉価版AirPodsが発売、もしくは現行のAirPodsの大幅値下げが実現するならば、iOSのエコシステムに多くの人を留めることが出来ます。

もし私がAppleのマーケティング担当者ならば、iPhoneと同時購入ならば、AirPodsを大幅にディスカウントするでしょう。いわゆる、4月に行われていたような、Macを買うと、iPodが安く買えた、あの学割のイメージです。

加えて、充電アダプターも余る一方なので(少なくとも我が家はiPhoneのアダプター(5W)が大量に余っています)、潔く無くして、販売単価をギリギリまで下げて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました